横浜シネマリンさんのご協力により下記、四回のトークイベントの映像を全国の劇場にて来場の皆様にQRコードにてプレゼント致します。

高崎卓馬:時代と空気。

クリエイティブ・ディレクター/小説家

『行くぜ、東北』などのキャンペーンを手がける。

小泉今日子のアイドル親衛隊の青春を描いた小説 『オートリバース 』など。

J-WAVE 金曜深夜『BITS&BOBS TOKYO』オンエア中。

田中泰延:テーマ:制作の経緯について

1969年大阪生まれ。1993年、株式会社 電通にさかはらあつし監督と同期入社。

2017年電通を退職し、出版社「ひろのぶと株式会社」を創業。

川瀬貴也:テーマ:宗教学者の視点から 


京都府立大学文学部 教授
1971年大阪府生まれ。1994年東京大学文学部宗教学宗教史学科卒業、同大学院人文社会系研究科博士課程修了、博士(文学)。京都府立大学准教授を経て2020年より現職。専攻は宗教学、日韓近代宗教史。学部3年の時、オウムの道場に一度だけ「見学」に行ったことがある(そのとき接待してくれたのは、井上嘉浩(アーナンダ)死刑囚)。オウム真理教の活動をリアルタイムで見た世代の一人。

リム・カーワイ:映画監督の視点から

1973年マレーシアのクアラルンプールに生まれ、2011年から大阪をベースにして

映画製作を行った。クロアチア、モンテネグロ、セルビアで撮影したロードムビー

「いつか、どこかで」はただいま劇場公開中。大阪を舞台にした多国籍群像劇、

最新作「カム・アンド・ゴー」は今年秋以後全国劇場公開予定。

ヘッディング 1

ヘッディング 1